DMとチラシの違いとは

ダイレクトメール(DM)とチラシはプリントメディアの広告媒体としては、良く似ているのですが、
両者にはいくつかの大きな違いがあります。DMとチラシを効果的に使い分けるためにも、
まずは、DMとチラシの違いについてそれぞれ特徴を説明していきたいと思います。

まずDMとチラシの最も大きな違いを挙げると、
「ターゲットを選ぶことができるかできないか」という点です。
この2つの持つ広告媒体の持つ方向性の違いであり、広告宣伝を行う際に、
重要になってきますので、しっかりと把握してきましょう。

それでは、DMとチラシの特徴、メリットデメリットをまとめていきたいと思います。

ダイレクトメール(DM)の特徴

 

DMは、郵便やメール便を利用し、直接、個人や法人に対して送付する広告メディアとなります。
送りたい内容によって、パンフレットやはがきなど様々な形態で送付することが出来るのがDMの特徴です。

また、DMのメリットとしては、直接送付したい顧客の宛先を選ぶことができるので、
今回の宣伝したい商品のターゲットに合わせて伝えたい情報を直接的に届ける事が可能です。

デメリットを挙げるのであれば、発行単価や発送料金がチラシと比べると高くなる点ですが、
購入実績がある顧客に直接アプローチすることで高い費用対効果を期待することができます。

→新商品の案内やキャンペーンの告知、来店促進のためのクーポン券などを送付し販促につなげたい時には、
DM発送をおすすめします。

DMのメリット

・写真などを使用することによって、分かりやすく情報を伝える事ができます。
・封筒にカタログなどを同封することで、多くの情報を伝えることができます。
・サンプルの同梱やキャンペーンの企画など広告効果を測定しやすくなります。
・顧客情報を分析し、年齢や性別、地域性などに合わせた販促活動ができます。(顧客管理の重要性)

DMの最大のデメリット

・顧客情報が分からないと送ることが出来ない!
・送料などコストがかかる!

こんなDMのデメリットを解決してくれるのがDMコラボ便

詳しくは→DMコラボ便を利用するとどうなる?

チラシの特徴

 

通常チラシといえば、店舗や駅などに設置したり、街頭配布や新聞の折り込み、ポスティング等で
配られたりする紙媒体広告です。
最近では、デジタルチラシも増えてきていますが、ここではあくまでも紙媒体広告についてまとめていきたいと思います。

チラシの場合は、DMと違って狙うターゲットに直接渡すことが出来ません。
しかし、ターゲットを絞っていない分、広範囲のたくさんの人の目に触れ、不特定多数への
訴求を狙う事が目的となります。
特に新店舗の開店やイベントの開催日時や期間などを近隣エリアの住人に周知させたい時などは、
凄く効率がよく効果的だと思います。

DMと比べても発送費がかからないため安く抑える事が出来ます。
しかし、狙いたいターゲットに対して直接的に情報を訴求することが出来ないため、
基本的に閲読率は低い傾向にあるのは間違いありません。

→新規オープン告知、新商品告知、期間限定キャンペーン告知、期間限定セール告知などでの使用目的では、
チラシをおすすめします。

まとめ

 

ダイレクトメール(DM)とチラシは同じ紙媒体の宣伝広告としては非常に似ていますが、
それぞれの特性や特徴を見ると大きく異なることが分かります。
ペーパーメディアでの宣伝広告を考える場合に大切になるのが、
・ターゲット層
・購買層
・地域
・時期
・広告予算
です。上記をしっかりと考えたうえで、DMにするのかチラシにするのかを判断しましょう。
新規顧客の獲得に向けて不特定多数へのチラシも有効ですが、高い費用対効果を求めることはできません。
新規開店された店舗様でDM発送を行いたいが顧客情報がなく、困っている企業様は、お気軽に弊社にお問い合わせください。

DMとチラシの違いとは」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: DM販促の効果と活用方法とは - DMコラボ便

コメントを残す