DMはマーケティングを正しく行う事で効果的に

DMを送る際は、正しくマーケティングすること重要となります。
DMをただ闇雲に郵送するのではなく、リサーチ、企画、宣伝、分析を踏まえ考える必要があります。

 

そこで今回は、DM戦略を行う際のマーケティングについて、
どんな効果があるのかを解説していきたいと思います。

 

新規市場の開拓で既存顧客の獲得

 

正しいマーケティングを行ったうえでDM発送を行うと、新規市場の開拓で大きな効果を発揮することができます。

マーケーティングで重要なのは、市場調査(リサーチ)です。

どのような層に需要があるのかという点を正確に捉える必要があります。

リサーチ方法は、多岐にわたり積み上げたノウハウや業種によって変化が見られますが、
自社でリサーチを行うとマンネリ化してしまい新たな顧客を発見できずに毎回同じような結果となることがあります。

リサーチを得意とする専門業者に依頼することで、新たな市場の発見に結びつく情報を得る事ができる可能性があります。

そこで、新たな市場にアプローチ出来れば、より多くの既存顧客の獲得に繋がります。

→DMコラボ便では、業種が違う企業様とコラボでDM発送を行う事で新たな市場へのアプローチを行う事ができる新たなプラットフォームです。

新規開拓に悩んでいる企業様は、DMコラボ便を通じてターゲット層の近い企業様とマッチすることで相乗効果をもたらすことができます。
詳しくはhttps://www.dm-collabobin.com/howto-2/

 

顧客のアフターフォローは必須

 

 

新規顧客の開拓は、リサーチを行い市場調査を行う事が重要であることが分かりました。
ここでは、既存顧客へのアプローチを忘れてはいけないという部分についてまとめていきたいと思います。

既存顧客のアフターフォローでDMは効果を発揮することができます。

例で挙げると、
商品やサービス購入後のリピート率を向上させたり、取引がなくなった顧客に対してキッカケを提供する方法です。

大切なのは、送るタイミングと効果測定を行う必要があり、
データ分析が正確に行えないと逆に顧客が離れてしまう可能性があるということです。

既存顧客へのアプローチはDMで案内を発送するだけでなく特典を付けたり、客層に合わせたDMデザインが重要です。

マーケティングで使われるリサーチから効果測定、
企画まで非常に重要となるので、慎重にしっかりと分析を行っていきましょう。

 

DMマーケティング戦略を重点的に行わなければ効果がでない?

 

DM発送を行う際にマーケティングが重要になる理由

 

・ターゲットが合わないと開封されない

 

ターゲットは、正しいターゲットに訴求できなければ開封率が下がる。

顧客が抱えている悩みや需要を見抜き、正しい問題解決の提供と魅力的に感じる企画を作る必要があります。

また、どれだけ良い商品やサービスを作っても初見で魅力を感じてもらえない場合は、無駄に終わってしまいます。

マーケティング戦略を取り入れ、明確なアプローチを打ち出し、開封率や反応率を高めていきましょう。

 

・タイミングを見誤りレスポンスが下がる

 

顧客にDMを送るタイミングは非常に重要で、求められているタイミングで送らなければレスポンス率は大幅に下がってしまいます。

新規顧客だけでなく、既存顧客へのアフターフォローも踏まえると、
DMを送るタイミングは適切でなければ期待値は下がります。

具体的に行動し始めるタイミングやどの時期を狙い施策を打つかが非常に重要です。

 

・求めていない施策だと意味がない(ターゲットへのアプローチ)

 

魅力的に感じたDMで開封されたとしても、顧客が求めていない施策であれば、
その後の行動に繋がることはありません。

顧客の求めていることを把握するためには、事前の情報収集や既存顧客の反応率も調査していく必要があります。

もちろん、顧客の層によっては、デジタルなのかアナログなのかで反応率も大きく違ってきますね。

こういったデータを蓄積し、効果測定を正しく行いながら戦略を考えていくことで、
企業の財産となるのです。

コメントを残す