DM販促の効果と活用方法とは

インターネットが普及し紙媒体の需要がなくなってきていると思っている方々も多いと思いますが、
紙媒体は、今でも依然として人気を保っているのです。
自分宛てに届く郵便物であるDMは、工夫次第では、電子メールと違った効果を生み出すことが出来ます。
まずは、DMのメリット確認し、効果的なDM販促についてのポイントを紹介してきたいと思います。

 

DM(ダイレクトメール)のメリットとは?

 

DMといえば、電子メールと紙媒体で自分宛てに届く郵送物の2種類があります。
インターネットが普及した今、電子メールやSNSを活用したDMで広告を流すといった手法が目立つようになってきました。
アプリケーションを使用した広告宣伝を活用する企業も増えてきているのが現実と言ってもおかしくありません。

しかし、電子メールやSNSでDMが届いても読まずにゴミ箱に削除されることが多く、SNSでは見られることなくそのままの状態に。

実際に、電子メールで届いても「また広告が届いた」と読まない事が多いのが現実ではないでしょうか?

その分、紙媒体の郵送物で届いたDMは、自分宛ての封筒だと少なくとも封を切って中身を見てもらえる可能性は非常に高くなります。
もちろん、自分にとって興味がなかったチラシだったとしても、そのチラシをテーブルの上に置いてあったら、家族が見たり、他の方に波及することに繋がります。

また、顧客情報をもとに郵送することで、どれだけ反応があったのか判断しやすいですし、
どこの誰がどんなサービスや商品を購入いたかということが分かるので検証と今後の戦略に役に立てる事が出来ますよね。

不特定多数向けの広告宣伝と違い、商品やサービスにあった特定したターゲットに郵送するため、
高い費用対効果を期待することが出来ます。スマホやパソコンの画面では、開いている本人しか見ないですが、
紙媒体のチラシは他の方々に見られる可能性が広がり訴求力が高まります。

DMとチラシの違いとは

 

DM(ダイレクトメール)の効果を高める方法とは

 

DMは、使い方が重要で、使い方によっては無駄に終わってしまう事も、高い効果を生み出すことにも繋がります。
まずは、どんなDMが効果を高める事できるのかそのノウハウをまとめていきたいと思います。

1、今回販売する商品やサービスのターゲットを決め、対象者を一定の基準で選定し、的中率の高いと予想されるお客様を絞りだし、DM 発送する。

 

2、DM発送するチラシには、得するクーポン券を添付することで見込み客の購買意欲を上げ反応をよくする。この時、デザインが重要で、効果に見せるようなデザインがより効果を高める

 

3、DM発送するべきタイミングや時期、季節を考える。商品やサービスが季節ものであればその季節でなければ効果が薄くなったり、その時期の前が良いのか、中頃が良いのか、終わりが良いのか、商品と照らし合わせてしっかりとタイミングを考えましょう。

 

4、DM発送する封筒は、オリジナル性を追求しコンテンツを充実させる

 

5、イラストやチラシのサイズを変形にするなど目に留まりやすいように外見やデザインにこだわりを持つ

 

6、このチラシを受け取ったことのメリットをキャッチコピーとして目立つように強調する

 

7、紹介する商品やサービスの効果を可視化し次のアクションに繋げやすいようにする

 

まとめ

 

電子メールやSNSによる宣伝や広告が氾濫する昨今。
しかし、まだまだ人気と伴わない効果となっており、依然としてDM発送によるチラシ広告が根強く効果も高いと言われている。
もちろん、紙媒体をDM発送すれば簡単に売れるというわけでなく、チラシデザインやキャッチコピーなど顧客が目を引くような工夫が重要となる。
顧客リスト作成し、DM発送を行った場合は、費用対効果と検証を行い次のDM発送に活かすよう企業努力が必須となる。

DM発送したいが顧客リストがない方はこちら

DM販促の効果と活用方法とは」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: DM発送が効果を発揮する業種とは? - DMコラボ便

コメントを残す